内臓 食べ物

夏バテ気味!?あなたの内臓は大丈夫ですか?

投稿日:

こんにちは!

 

みなさんお元気でしょうか???

前回は内臓の雑学話をさせて頂きました!!

内臓はとても働き者であること、

そして健康に欠かせない大事な体の組織であることが

前回の記事で皆さんに伝わっていると信じています(笑)

 

 

さて季節は少しずつ変わり、夏の暑さもだいぶ落ち着いてきましたね

こんな季節の変わり目は体調を崩しやすいです

 

そして、内臓も体調と共に疲労がたまると機能が低下してしまいます。

しかし、筋肉のように鍛えることもなかなか出来ない・・・

 

 

さぁどうしましょうか(笑)

ということで

 

 

そこで今回は簡単に疲れた内臓を回復してくれる効果があるお茶

 

 

 

『ハーブティー』

 

 

 

 

の効果を少しご紹介致します!

 

 

メモ

あくまで食品ですので、薬のような即効性は期待できませんが
食事の一部にしたり、仕事の休憩時間に飲んだりして頂ければと思います

 

 

女性の方は特に必見です!!!

 

各項目に分けてみたので一度自分に当てはまるものをご覧ください!

 

 

 

胃の不調や食欲不振をスッキリさせる効果が期待!

 

ヴェルベーヌ

食欲がない時や食べ過ぎ時に有効でノンカフェインで、妊娠中の女性にも〇
炭水化物の消化を助けるので、食後に飲むお茶としても便利です。
酸味があり、レモンに似たすっきりとした香りがします。
フランスではコース料理を食べた後に「コーヒー、紅茶、ベルベーヌ」
と尋ねられる位にメジャーなハーブ

 

 

レモンバーム

レモンのような爽やかな香りですが酸味は無く、消化を促進させる働きがあります。
また、気分を高揚させる作用も知られていて、出勤前や気持ちが沈みがちなときに飲むのもオススメです!
抗酸化作用のあるタンニンやフラボノイドも豊富です!

※タンニンはカテキンと同義でフラボノイドとも言われます。
いずれもポリフェノールの一種であり
活性酸素など有害物質を無害に変える作用があり
動脈硬化、生活習慣病の予防に役立ちます!

 

 

ペパーミント

これは良く皆さんも耳にしたことがあるのでははいでしょうか?
メンソールが腸内のガスを抜いてくれる効果が期待でき、
清涼感のある香りと味がするので、食べ過ぎたときや脂っこい食事の後に飲むと口の中や胃がすっきりします。
また、鎮静作用もあるので精神的興奮をクールダウンする効果もあります。
余談ですがペパーミントの花言葉は「心の暖かさ、真心」だそうです(笑)

 

 

フェンネルシード

私は飲んだことが無いのですが、スパイシーな香りと味が特徴で腸内に溜まったガスや余分な水分を体外へ出す働きがあります。
便秘やお腹の張り、むくみを緩和するので、体をすっきりさせるハーブとして愛用されていますよね。
香り味とは独特なのでブレンドするのが一般的だそうです。

一度、飲んでみてみたいものです!(*^-^*)

 

 

 

呼吸器系のケアや風邪気味の人に効果あり!!

 

エルダーフラワー

マスカットやライチのような香りが特徴的です。
炎症を抑える効果があるので風邪で喉がイガイガするときにお勧めで、
発汗と利尿の作用があり、余分な水分と一緒に熱を排出してくれます。
古くから万能の薬箱生きた家庭薬局と呼ばれるハーブで
花と砂糖を煮詰めて作るシロップはイギリスの方ではお馴染みだそうです。

 

 

マローブルー

呼吸器系によく効果があり、咳が出て辛い時に飲むと呼吸が楽になります。
粘膜を保護するので、喉の痛みを和らげます。
癖のない味で、入れたては青く、だんだん紫が出てきます。
やがて赤紫色の鮮やかな色になっていきますよ!
インスタ映え間違いなしですね!(笑)

 

 

女性にオススメ!生理不順や痛みを緩和したい時に。

 

ラズベリーリーフ

別名、ヨーロッパキイチゴと呼ばれるラズベリーリーフはヨモギのような香りと少し甘みがあります。
子宮の筋肉を強くする働きがあると言われており、月経痛を緩和する効果
女性ホルモンの調整をする作用もありますので、生理不順にも効果が期待できます。
西洋の方では昔から、分娩や、母乳の出を良くすることから
「妊婦さんの為のハーブティー」とも言われているそうです。

 

 

腎臓、肝臓機能の負担を軽減!アルコールのまえにも!?

 

マリーゴールド

ウコンよりも癖が無く、透明黄金色で、やや苦みのあるマリーゴールドは
体内の毒素を分解するので、飲み会の前後に最適です!
また、消化器の炎症も抑える作用もあるので、胃が疲労している時にも良い
日常的にも使われていることもあり、化粧品や、染料としても。

 

ハイビスカス

ハイビスカスと聞くと南国の花かなぁと想像する方も多く、割りと馴染みのあるこの花
※もちろん観賞用と食用は違いますよ!!(笑)
鮮やかな赤色をしていて、少し甘酸っぱい味がします。
利尿作用があるので、体内の毒素を水分と一緒に体外へ排出する効果があります。
ミネラルや、クエン酸も豊富にあり長時間の運動や作業時にも効果抜群です

 

シベリアンジンセング

写真が無くてすみません。乾燥させるとウッドチップのような感じです!(笑)
このハーブティーは私も飲んだことはありませんが、飲んだら何だか強くなれそうな名前ですよね(笑)
別名、エゾウコギとも言い、シベリアンというだけあって原産は主にロシアの方だそうです。
香りや味はほとんどないらしく、他のハーブとブレンドするのがいいそうです。
効果は副腎に働き、ホルモンの乱れを整えるようで、
ロシアではオリンピック選手も飲んでいたとか!!

 

 

 

 

 

まとめ!!!

 

 

皆様いかがでしたか?

ハーブティーの様々な種類や効能についてご紹介致しました

忙しい毎日で、落ち着いてゆっくり飲むことが難しい方もいるかもしれませんが

もし機会がありましたら一度試してみてはいかがでしょうか?

これから秋、冬と寒さはどんどん厳しくなっていきますのでそんな時に

温かいハーブティーで体も心も健やかに!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

 

 

-内臓, 食べ物

Copyright© health&rehabilitationの泉 , 2024 All Rights Reserved.